揺れる車にアタリをつけて、ズーム機能で接近

鏡に見える光景しか相手からも自分を確認することが出来ませんが、こと暗がりの安全性に関しては所詮一方向からの余裕でしかありません。当人達は近づく足音にだけ注意していれば軽いスリルを味わっていると錯覚しているだけ。そう、人間には視認できなくとも機械には出来るのです!

This entry was posted in メイン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.